水漏れ修理の雑学
2020年7月18日

トイレのつまりトラブルの原因を避ける

トイレのつまりはよく起こるトラブルの一つですが、一旦つまってしまうと、トイレが使えなくなってしまうこともあるので気を付けたいものです。

トイレのつまりを引き起こす原因として、主に4つあります。まず多いのはトイレットペーパーの流し過ぎです。トイレットペーパーを大量に使うような場合は、一度流した後にもう一度トイレットペーパーを流すなどの工夫が必要です。次に、異物を流してしまうことです。基本的にはトイレットペーパー以外のものを流すことができません。ティッシュペーパーを流してしまう人も多いようですが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーとは異なり水に溶けません。

そのためトイレの中に流してしまうとつまりトラブルの原因となってしまうことがあります。また、トイレに流せるペーパー類も、1回につき1枚流すのは良いのですが、やはりたくさん流すとつまってしまう可能性があります。さらに節水がつまりの原因となってしまうこともあるようです。最近のトイレはほとんど節水型です。

少量の水で流すことができるので経済的なのですが、やはり一般的なトイレに比べると水量が足りなくなるために、つまることが多くなります。タンクの中にペットボトルを入れて節水するのもトラブルの原因となるので注意が必要です。タンクの水の量は、きちんと流すことができることを考えられているわけですから、タンクの水を勝手に減らしてしまうと水量不足になってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *