水漏れ修理の雑学
2020年6月9日

修理が必要になるトイレの水漏れの原因について

トイレで水漏れが発生した場合は、すぐに修理をする必要がありますし、自分で出来る場合もあります。

ですが、自分で修理をするにしても、まずはどんな原因でそうなっているのかを知っておくことが重要です。トイレの水漏れの原因としては、まず「給水管や配水管のトラブル」があり、ゴムパッキンの劣化が原因になっている場合が多いと言えます。ゴムパッキンは金具の隙間から水が漏れないようにするためのものですが、長く使っていると劣化して硬くなり、水が漏れてしまうことがあるのです。

次に挙げられる原因は、「トイレタンクのトラブル」であり、タンク内にあるボールタップやオーバーフロー管などの部品が故障することで発生する場合があります。さらに挙げられる原因は、「便器本体のトラブル」で、劣化や地震の揺れなどによってヒビが入ると、水が漏れてくることがあります。他にも「ウォシュレット」を使っている場合は、ノズルの劣化や給水ホースの破損などが水漏れの原因になることがあると言えるでしょう。

では実際にトイレの水漏れが起こってしまった場合はどうしたらいいのかというと、まずはトイレの横などに設置されている止水栓を止めることが重要です。そしてゴムパッキンの劣化といった簡単な部品交換で済むものであれば、ホームセンターなどでその部品を購入して、自分で修理することができます。しかし、便器や配管が破損しているような重症の場合は、専門業者へ依頼する必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *